FC2ブログ

PortoFolio@STUDIO ZEST | つくばの建築設計事務所

つくばの建築家のポートフォリオ展示室

設計にあたっての心掛け 

設計にあたっては、建築家それぞれが心掛けていることはあると思います。ファサードにこだわる人がいれば、素材にこだわる人、広さ・開放感、工事費用など様々なことが挙げられます。いずれにしても、より重要と考えるところをどうあるべきと考えるか、それによって設計の内容も違ってくる訳です。そこで、ひとつの例を用いて、私が心掛けたことをご紹介したいと思います。

ブログ用プラン1

これは、独立型の親子二世帯住宅で、子世帯エリアの一部を抜粋した図面です。開放的でリラックスできる空間を考えた例を取り上げます。

まず、「開放的」や「リラックス」という言葉の意味は、極めて抽象的で感覚的、人それぞれ異なりますので、それをなるべく正確に理解する事から始まります。ヨコ方向とタテ方向の開放をバランスして、図面の様に開放的な空間が決まりました。

次に、リラックスできる空間を考える時の話ですが、ここで心掛けたポイントを紹介します。

みなさんは、自身のリラックスのために、何を重要と考えますか。お気に入りの家具(ソファや椅子、ラックなど)に囲まれた空間をイメージしますか。それとも、内装の仕上げ(壁の色や模様、照明の使い方など)を重視しますか。

私の場合、素材や家具にも重要性はありますが、より重要なのは、「くつろいでいる場所と外部からの訪問者の距離を保つことと、その位置関係」と考えました。極端な例を言えば、寝転がっているすぐ傍から人が現れれば、くつろぐことは難しいだろう、ということです。さらに、その間に視覚を妨げるものがあれば、なおいいと考えました。独立型の二世帯住宅を希望するのも、今まで出来ていなかった、プライバシー確保の目的があることを察しておりましたので、このような考え方をしたのです。

客間を挟んで、親世帯エリアがあります。通用口を図面のように計画したのも、訪問者の現れる方向を限定するためで、さらにキッチンやダイニングスペースとの間に螺旋階段を置き、視界を若干妨げる配置としてます。

これは、双方にとって、良好な関係をサポートすると考えたのです。自然に確保されるプライバシーを目指して、心掛けた平面プランの考え方をご紹介いたしました。

そもそも、住宅の考え方は個々に異なります。しかし、煩わしいルールなどを設けずに、自ずと希望するようになってしまうような空間創りを心掛けてます。

ご興味、ご関心のある方からのメッセージをお待ちしております。


にほんブログ村 建築デザイン
スポンサーサイト

今を生きる私たちの矛盾 

Carlin.jpg

ビルは空高くなったが、人の気は短くなり、
高速道路は広くなったが、視野は狭くなり、
お金を使ってはいるが、得る物は少なく、
たくさん物を買っているが、楽しみは少なくなっている。

家は大きくなったが、家庭は小さくなり、
より便利になったが、時間は前よりもない。

たくさんの学位を持っても、センスはなく、
知識は増えたが、決断することは少ない。

専門家は大勢いるが、問題は増えている。
薬も増えたが、健康状態は悪くなっている。

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し、笑うことは少なく、
猛スピードで運転し、すぐ怒り、
夜更かしをしすぎて、起きたときは疲れすぎている。

読むことは稀で、テレビは長く見るが、祈ることはとても稀である。

持ち物は増えているが、自分の価値は下がっている。

喋りすぎるが、愛することは稀であるどころか憎むことが多すぎる。

生計のたてかたは学んだが、人生を学んではいない。

長生きするようになったが、長らく今を生きていない。

月まで行き来できるのに、近所同士の争いは絶えない。

世界は支配したが、内世界はどうなのか。

前より大きい規模のことはなしえたが、より良いことはなしえていない。

空気を浄化し、魂を汚し、原子核を分裂させられるが、 
偏見は取り去ることができない。

急ぐことは学んだが、待つことは覚えず、
計画は増えたが、成し遂げられていない。

たくさん書いているが、学びはせず、
情報を手に入れ、多くのコンピューターを用意しているのに、
コミュニケーションはどんどん減っている。

ファーストフードで消化は遅く、体は大きいが、人格は小さく、
利益に没頭し、人間関係は軽薄になっている。

世界平和の時代と言われるのに、家族の争いは絶えず、

レジャーは増えても、楽しみは少なく、
たくさんの食べ物に恵まれても、栄養は少ない。

夫婦でかせいでも、離婚も増え、
家は良くなったが、家庭は壊れている。

忘れないでほしい 
愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい 
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 
1円もかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを
心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は
傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り 
その時間を慈しむことを

愛し、話し、あなたの心の中にあるかけがえのない思いを分かち合おう

人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない

どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ


以上、これはアメリカのコメディアン、ジョージ・カーリン氏が最愛の妻を失った際に、ある牧師の言葉を引用して友人に宛てた手紙を一部抜粋したものだそうです。海の向こう側の事とは思えない程、私たちのものと重なっています。多くの人に見て欲しいと思い、こちらで紹介させていただきました。是非、ご一読を!


にほんブログ村 建築デザイン

吾唯足知 -ワレ タダ タルヲ シル- 

下の写真は、竜安寺の方丈の北東に置かれた蹲踞(つくばい)です。茶室に入る前、手を洗い身を清めるためにある役石で、「つくばう(しゃがむ)」ことからそう呼ばれているそうです。これは、徳川光圀(水戸黄門)により贈られたとされてます。

ryouanji_tsukubai

ここで言いたいのは、このデザインです。「吾唯足知」の漢字4文字に共通の「口」を中央に置き、時計回りに「吾唯足知」となっているのです。

「吾唯足知」は、仏遺教経(釈迦の遺言の経)にある「知足の者は賤しと雖も富めり 不知足の者は富めりと雖も賤し」がもととなる、釈迦の説く仏教の真髄です。つまり、「足ることを知る者は貧しくとも豊かであり、足ることを知らない者は富があっても貧しい」との意味になります。

この言葉を選び、それをこのように表すとは、素晴らしい表現力ですよね。「量から質の時代へ」と言われる今、先人の遺した知恵に向き合ってみるのもいいかも知れません。

居場所をデザインするのが僕の仕事です。あなたの居場所に対する思いを教えてください。参考にさせていただきたいと思います。そして、あなたの居場所づくりに、何かお役に立てれば光栄です。


にほんブログ村 建築デザイン

「建築」の語源について 

広く一般的に使われる「建築」という言葉について書きたいと思います。
私が初めてその語源を知ったのは、大学生の時でした。 今でも時々思い出される大切な話を紹介したいと思います。

まず、建築を英語で"Architecture"といいますが、その源はギリシャ語の"Architekton"という人を表わす言葉に遡ります。 "Architekton"は"Archi-(最上の)"と"-tekton(技術者)"の2つの部分から構成されており、それぞれ"Arche(起源、始まり)"と"techne(技術)"が語源になっているというのです。

しかし、これは「最上の技術者」という意味になるので、「建築」とは異なるように思われます。 そもそも、ギリシャ語には"Oikodomos(ビルダー、建築家)"という 正に「建築家」と訳すに相応しい言葉がありましたから、誤訳か何かだと思うのは当然のことかも知れません。

ではなぜ"Architekton"が後世の「建築家」を指すようになったのでしょうか。

アクロポリスの丘

実は、当時のギリシャには、国家的大事業を行うにあたって、"Architekton"を任命するのが常識でした。 例えば、疫病の根絶を国家の政策とする場合には、優れた医者がArchitektonに任命され、また、土木事業を国家的規模で行う場合には、OikodomosがArchitektonに任命されていました。 そして、当時のギリシャでは多くが土木・建設事業だったことから、OikodomosがArchitektonを務めることが多かったのです。 そのため、Architektonと言えば「建築家」のことが考えられるようになったのです。

つまり、"Aechitekton"とは本来、地位の名称であり、職業の名称ではないのです。 すべての職人の上に立ち、すべてについて決定する「第一の技術者」、「偉大な統率者」のことを意味しているのです。

私は、このことを胸において「建築」を考えるようにと、Z(究極の)+EST(最上の)で"STUDIO ZEST"と名づけました。


にほんブログ村 建築デザイン

今こそ「二世帯住宅」を考える 

21世紀の今、量から質の時代へと変化しています。では、住宅において質が高いとはどういうことでしょうか。また、多様化する個が話題になりますが、住環境は多様化しているのでしょうか。そんな中、私たちは未曽有の大災害を経験し、「言葉にならない不条理さ」、「自然に対する圧倒的な無力感」を痛感しました。また一方で「人と人との絆」や「互いを思いやる気持ち」の尊さを実感したのも事実です。

それは、「親子二世帯住宅が見直されている」との話題にも感じ取ることができて、心が和みました。

Casa di due a uno

建築家との家づくりなら、二世帯の暮らしを一軒の家としてまとめながら、生活のリズムが違う親世帯・子世帯の独立性を確保することも、プランの工夫次第で可能です。
二世帯住宅は先祖代々から受け継がれてきた土地に建てられることも多々ありますが、その土地の風土や環境を織り込みながら、地域にふさわしい外観を創り出すこともできます。

今だからこそ「二世帯住宅」という住まいの在り方について考えてみてはいかがでしょうか。

(建築ジャーナル「茨城の建築家とつくる家」掲載記事)


にほんブログ村 建築デザイン