FC2ブログ

PortoFolio@STUDIO ZEST | つくばの建築設計事務所

つくばの建築家のポートフォリオ展示室

■Portofolio_0003 「オリジナル家具 vol.1」 

Title: 「オリジナル家具 vol.1」

STUDIO ZEST 主宰/一級建築士 松 崎 シ ン イ チ




 家を新築すると、それに合わせて家具を選ぶのも楽しみの一つです。その際、大きさや素材、色、デザインなどイメージに合ったものを探すのは 楽しい半面、それは容易ではありません。こだわりが強いほど 要する時間などその手間は楽しみを超えて、苦痛に感じてしまえば 本末転倒ということもあります。
 また、せっかく仕上げた壁をふさぐように家具は置かれます。そこで、必要な大きさや好みの素材、色、デザインで、予め建築の中に組み込んで作った7つの家具についてのポートフォリオを5つに分けてご紹介いたします。


01_[Shoes Cabinet] W1658*D400*H850 ナラ材 オイル仕上
photo:齋藤さだむphoto:齋藤さだむ

写真撮影:齋藤さだむ 




 玄関とリビング空間を間仕切る位置に置かれているのが このシューズキャビネット[Shes Cabinet]です。扉は折れ戸で、室内側(左)は両開き、玄関側(右)は室内からの使い勝手を考えて右側に片開きとすることで、靴を取り出しやすくなるように工夫してあります。

 しかし、そのままだと扉の見え方が左右で違ってしまします。そこで、右側の扉には溝をつけて左右の扉が同じように見えるようデザインしてあるのです。(左写真をご参照ください)

 また、中央上部には室内照明用のスイッチが組み込まれています。ちょうど、玄関を上がる位置にあたり、3つのスイッチが設けられています。このデザインによって、壁のない開放的な玄関に仕上げています。(右写真をご参照ください)さらに 建築内装仕上げの前に設置したこの家具は、隙間なく きちっと納めることができています。この家具が 壁の珪藻土仕上げの見切りになっているのです。


 家族はもとより、訪問者が最初に目にするのがこのシューズキャビネット[Shes Cabinet]であるため、ここで人に与える印象は 特に大切だと考えながらデザインした家具です。



にほんブログ村 建築デザイン
スポンサーサイト